京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年11月14日

中国ドラマ「孤高の花 ~General&I~」第29話

何侠と武器庫を見た耀天皇女は「昔は光り輝いていた武器が、すっかり輝きを失い、さびてしまっているとは」と言う。「これらの武器も“活躍できなかった”と嘆いておりましょう。これも運命です」と言う何侠。皇女は「運命?運命を信じるの?」と聞く。孤高の花 DVD何侠は「はい。一生、食うに困らぬ者もいれば、才を発揮する機会を得ぬ者もいます。花容は栄えて見えますが、飢える者も大勢いる。天下には、そのような町が多い。運命だとは思いませぬか?」と答える。「駙馬は困ってる人を助ける?」と言う皇女。何侠は「皇女はどうです」と言う。

皇女は「助けるわ、運命など信じないから。飢える者は米を、病人は医者を、愚者は知を求む。平凡な民も努力で運命を変えられるわ。君主たる私は、シンデレラはオンライン中 DVD人の運命を変えられる」と話す。「英名です。私は見識が狭い。金子を用意しました」と言う何侠。箱に入った金子を見た皇女は「何大炮(かだいほう)の金子?」と尋ね、何侠は笑顔で小さくうなずく。

花容書院へ行った皇女は「花容の役人は、することが早いわ。昨日命じて、もう開講よ。子供たちを見て」と何侠に話す。何侠は「普通の家では余裕がなく、私塾に通えませぬ。ここなら、ただで書も武術も学べます。孤高の花 DVD皆、喜ぶし、皇女様の恩を感じます」と言う。「武器庫だった、この場所は、町に近く静かだわ。書院にはうってつけ。これが最初の書院よ。もっとたくさん造りたい」と言う皇女。
市場に行って粥店を見たいと言う皇女に「では、お着替えになりませぬか?」と何侠が提案する。お忍びで出かけてみるのも一興かと、と。

屋敷の近くを馬で漠然と駆け巡る北捷。縄に馬の足が引っかかり、仕掛けられていた竹槍が何本も飛んでくる。それを、かわす北捷と漠然。
竹槍が飛んで来なくなると、漠然が「奥方様の五行八卦陣は強烈です。毎日、違っていて、風や竹槍が襲う。体がもちませぬ」と言う。「降参か?」と北捷が聞くと「いえ、絶対に降参はいたしませぬ」と漠然は慌てて返す。北捷は「口数が増えたのは、酔菊の影響だな」と言う。

北捷が屋敷に戻ってくると、娉婷は酔菊と庭にいた。「娉婷、部屋で休めと言ったのに。顔が日焼けしたぞ」と気遣う北捷。大軍師司馬懿之虎啸龍吟 DVD娉婷は「北捷様も」と言って、袖で北捷の汗を拭う。「疲れたでしょう」と娉婷が言い、北捷は「五行八卦陣は変化に富み、かわすのは至難の業だ」と話す。
漠然が蛇で驚かせ「許さないわよ」と怒った酔菊が追いかける。2人が行ってしまい、北捷は「そなたに尋ねたいことが」と娉婷に言う。



Posted by 人気ドラマ  at 17:54 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
人気ドラマ