京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2018年01月09日

ドラマ【アシガール】のみどころ

「アシガール」は2012年から連載で既刊は8巻、森本梢子氏の人気ラブコメディ。「ごくせん」などの実写化多数の漫画家さんが原作のドラマ、それだけで期待大で魅力です。

脚本は『花燃ゆ』『七つの会議』『六番目の小夜子』などの宮村優子氏が担当します。大河ドラマや池井戸潤・恩田陸など原作ものも手掛けています。アシガール DVD朝ドラや時代劇も書いたベテランで、近作では、前クールの人気作「相棒15」第9話を担当。「あとぴん」という珍しく角田課長が中心になった回でした。ただ、ベテランといえでも、小説と違い、絵のある漫画原作は難しいですし、批判はどうしても免れません。需要があることは事実ですし、マンガ原作で異例のヒットであった通称「逃げ恥」のように、期待したいところです。

キャストに目を向けると、「時をかける少女」「サクラダリセット」でタイムリープ役をしてきた黒島結菜さん。トドメの接吻 DVDなんと今回で3回目のタイムリープです。「しすぎでしょ(笑)」のつっこみや楽しみの声が多いです。

ただ、アシガール DVD健太郎さんは「若君はイケメンなので実写化ムリ」「健太郎だれ?」の声も。「昼顔」などの活躍を見てきたファンは「原作ファンの方お手柔らかに」の呼びかけが。原作ものに宿命の期待と不安のなかで、どう演じてくれるのかは注目です。

以上、原作の人気、ベテランの脚本、トドメの接吻 DVD若手キャストをみどころにあげました。7月に制作スタートとのこと。今後も楽しみに放送を待ちたいところです。  

Posted by 人気ドラマ  at 16:52Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
人気ドラマ